14/06/19 06:06

平成26年第3回生坂村議会6月定例会の閉会の挨拶



 それでは、平成26年第3回生坂村議会6月定例会の閉会にあたり、御礼のご挨拶を申し上げます。
 
11日から8日間の会期の6月定例会でありましたが、上程しました議案を原案のとおりご採択いただき、誠にありがとうございました。
 
さて、今定例会も色々な課題に対しまして、議員各位より常任委員会、一般質問で質されました。それに対しまして答弁させていただいた内容に添って、関係部署で対応してまいりますが、検討をしなければならない課題に対しましては、課長会議、知恵の委員会で協議することは勿論ですが、議会や区長会、そして各種委員会等の皆さんとご一緒に検討協議をお願いしなければとも考えております。
 
また今定例会は、やまなみ荘の運営について、一般質問、総括質疑でご提言を頂戴いたしました。やまなみ荘は生坂村にとって必要な施設でありますので、今まで議会のご承認をいただき、平成20年度からの増改築事業に始まり、太陽光発電設備、大ホール音響設備更新、照明のLED化、バスの更新、各種修繕等を実施してまいりました。今年度は、一般質問でお答えした取組を進めてまいりますとともに、さらに職員一丸となって頑張ってまいりますので、村民の皆さんには引き続きのご利用を切にお願いする次第でございます。
 
また、県営中山間地域総合整備事業の実施計画策定事業も、各地区の事業推進組合や各種会議で検討協議を進めながら、実施計画概要書を策定しております。3月の県の県営事業審査会では、県内3地区の内、当村は、しっかり村民の皆さんから、ご意見・ご要望をお聞きして、農村振興基本計画ができておりましたので、計画の策定評価は一番良かったということであります。
 
そして、「生坂村絆づくり支援金」は、当初予算で200万円をお認めいただき、6月30日が申請の締め切りとなっております。
 
担当に聞きましたところ、申請は新規1件と継続1件があり、その他に7件ほどの申請の動きがあるということであります。
 
この状況ですと、今年度も当初予算ほどの申請になり、村民の皆さんと行政が一体となって協働の地域づくりを推進するため、また地域の活性化のために役立つものと考えているところでございます。
 
「地域発 元気づくり支援金事業」は、今年度中に事業を完了しなければなりませんが、今定例会で関係予算をお認めいただきましたので、これから本格的にそれぞれの事業に取りかかれることになりました。また、団体申請に付きましても、関係部署や地区担当職員と協力して進めていただくようお願いしてまいります。また2次募集には、再申請しました2事業もありますので、ぜひ採択いただければと思うところでございます。
 
そして、今年度もそれぞれに素晴らしい協働事業を行っていただきますので、実施される皆さんが協力し合って元気を出して活動をしていただき、村内外に小さくとも活力のある生坂村を発信していただければとお願いする次第でございます。
 
また、地区要望箇所の対応に付きましては、補正予算をお認めいただきましたので、全員協議会でお渡ししました回答書を、次回の区長会でお渡し、各区のご要望に対しての対応をご理解いただきたいと考えております。当初予算分で早速、工事が実施されているところもあり、少しでも経済対策につなげていければと考えております。
 
村民の皆さんとの対話を重視し、村民の英知を結集して、生坂村の未来に明るい希望や夢が広がるために、議員各位にも第5次総合計画の重点課題を常に念頭においていただき、建設的なご意見、ご提言を頂戴しながら、検討協議をお願いし、村民の皆さんとのさらなる協働による村づくりのために村政運営を進めてまいる所存でございます。
 
議員各位には、引き続きご健勝にてご指導、ご鞭撻賜ります様お願い申し上げ、閉会に当たりましての御礼のご挨拶とさせていただきます。誠にありがとうございました。

カテゴリ[ 挨拶]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません