14/10/19 22:56

「2014 赤とんぼフェスティバルINいくさか」の1日目



 
今年も保育園児による「くす玉割り」でオープニングのスタート


  保育園児による可愛らしい「リズム体操」

 
18()午後3時に私が開会の挨拶をした後、保育園児による「くす玉割り」から「リズム体操」で始まり、福まき、生坂龍翔太鼓の演奏、どぶろく「腹の神」新酒の披露と、オープニングから盛り上げていただき賑やかに始まりました。


  私が今年のテーマ「健やかに爽やかに 勇気・元気・活気!」の意味を込めての挨拶


  皆さんに福が来ますように、賑やかに「福まき」

 
保育園児達のステージは、可愛らしく微笑ましく感じましたし、5年目のどぶろく「腹の神」の新酒はピリッとした酸味の口当たりとまろやかな味で、おじさま倶楽部の杜氏さんの醸造技術が安定してきたと思いました。


  生坂龍翔太鼓の「岩つつじ」の力強い演奏。私は久々の太鼓演奏でした。


  続いて勇壮な「龍翔」の演奏


  どぶろく「腹の神」新酒で「生坂村の発展を祈念して」乾杯!

 
昨年に続いて、ファイティング.パキラの皆さんによる「よさこいソーラン」等の馴染みのある曲で軽快に踊っていただきステージを盛り上げていただきました。


  ファイティング.パキラの皆さんによる軽快な踊り

 
災害時に備えよう!生坂炊き出し訓練は、今年度も10区を3班に分け協力しあって、災害時対応用の大釜で、大日向南平地区の農地再生事業で収穫した小麦を使った小麦粉で、味噌味・カレー味・中華味のすいとんを作っていただき、とても美味しかったのであっという間に終わってしまいました。


  災害時に備えよう!生坂炊き出し訓練の「カレー味のすいとん」


  屋台を出してお休み処を作るなど趣向を凝らした「各ブース」

 
6年目の「地域ぐるみでむらじゅう花ざかり」では、各区が趣向を話し合い、工夫を凝らしていただき、草取り・水くれなどの維持管理をしていただき、各区で力を合わせ素晴らしい花畑にしてくださいました。審査会の結果、金賞は上生坂区、銀賞は草尾区、銅賞は大日向区に、そして努力賞は下生坂区・古坂区の2区を表彰させていただきました。


  各賞を表彰させていただきました「地域ぐるみでむらじゅう花ざかりの表彰」

 
書道パフォーマンスは、音楽と踊りに書道を組み合わせ、「夢限」「輝道」などとそれぞれに書かれた文字が、生坂村のことを思い、みんなが一生懸命に書き、気持ちを込めた文章と書にとても感動しました。


△ 音楽と踊りに書道を組み合わせたリズミカルな「書道パフォーマンス」


  生坂村のことを思い、みんなが一生懸命に書いた「夢限」「輝道」などの書

 
生坂音頭は年々参加者が増え、長野県のキャラクター「アルクマ」と子どもから大人まで多くの皆さんに踊っていただき、大きな踊りの輪ができて盛り上がりました。


  「アルクマ」と子どもから大人まで多くの皆さんに踊っていただいた「生坂音頭」

 
初日の最終プログラムは、毎年好評の「みのわ手筒会」の花火を行い、「今年は特に良かったよ!」というお誉めの言葉も聞かれ、毎年趣向を凝らしていただき、身近で見られる迫力と手筒花火や打ち上げ花火などの美しさに堪能しました。


  「みのわ手筒会」の身近で見られる迫力の「手筒花火」


  頭の上で見られる大輪の「打ち上げ花火」

 
10区や各団体・グループの各ブースも郷土料理や特産品などを販売して大いに盛り上げていただきありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

カテゴリ[ 報告]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません